ビストロバル ESPRIT(エスプリ)&てんとうむし wine&pizza

ワインの温度

最近暑い日が多くなり、夏を感じるようになってきました。
そんな夏に飲みたいのが、キリッと冷やしたスパークリングワインですね!

その中で気をつけたいのがワインの温度です。
一般的に言われてるのがスパークリングワイン&白ワインは冷やして、赤ワインは常温で、ですね。

ではなぜそう言われてるのでしょうか?

それは酸味と渋みは低い温度で感じやすく、甘味とアルコールは高い温度で感じやすくなるからです。

白ワインは渋みが少なく酸味が中心なので温度が低いほうが味が引き立つわけです。
逆に赤ワインは渋みが多いので、温度が高めのほうが渋みが感じにくく、甘さが引き立つわけです。

具体的な温度
スパークリングワイン6℃~10℃
白ワイン甘口6~10℃
白ワイン辛口12℃前後
赤ワインライトボディ12℃前後
赤ワインフルボディ16~18℃

もちろん好みもありますが一般的にこの温度で飲むとおいしく感じやすくなるはずです。
温度に気を使うだけで驚くほどワインの味や香りが変化するのでぜひ意識的して飲んでみましょう。

コラム目次