ビストロバル ESPRIT(エスプリ)&てんとうむし wine&pizza

ワインの王とワインの女王

みなさまワインの産地でワインの王とワインの女王と呼ばれる産地をご存知でしょうか?
それはフランスのボルドー地方とブルゴーニュ地方と呼ばれる産地です。

ブルゴーニュ地方はワインの王と呼ばれています。フランスの東部に位置し、多くのワイン通を魅了しております。

1日の寒暖差が大きく、その気候はシャルドネやピノ・ノワールというブドウ品種の生育に適しておりワインの製造は複数の品種をブレンドするわけではなく、単一品種でワインが作られます。

気候やブドウ、製造法といった特徴から赤、白ワインとも優れた品質を保っており、他にはない味わいがワイン通の間では絶賛されております。まるでワイン界の王者のように他を寄せ付けないことから[ワインの王]と呼ばれています。

反対に[ワインの女王]と呼ばれるのがボルドーワイン。
若いボルドーワインは、重厚、パワフルなと表現されることが多く男性的と呼ばれることも多いです。

しかし成熟するにつれて、まろやかな、エレガントな、しなやかなと表現されることが多くなります。
実際有名なボルドーのシャトー・マルゴーなどのワインはまるで気品が高く心地よい余韻を感じさせてくれるでしょう。

その余韻がまるで香りのよい香水のように感じます。成熟すればするほどに。

こういった特徴からいつしかボルドーワインが[ワインの女王]と呼ばれる用になりました。

産地でこういった異名があるのは面白いですよね、今度ワインを飲むときにうんちくでどうですか?

次回はイタリアのワインの王とワインの女王の話をさせていただきます!

コラム目次